contents/聞く、話す、読む、書く それぞれの技能習得について

聞く、話す、読む、書くの4つの技能を
様々なアプローチで育成します。


Level1

Listening 聞く

「英語慣れ」した耳を育てます。

大量の英語に触れることで、全体を推測する力、聴解問題に取り組むことで集中して聞く力、3文ヒントクイズなどを通じて重要単語を聞き取る力を育成し、総合的なリスニング力を身につけます。

Speaking 話す

人前でも臆さず話せるようになります。

プレゼンテーションで人前で話す勇気、場面別会話でまとまりのある会話の練習、インタビューアクティビティなどで相手の情報を得る力、ロールプレイでたくさんの表現や英語のリズムを習得。コミュニケーションに必要なスピーキング力を包括的に身につけます。

Reading 読む

初めて見る単語でも読み方を推測できるようになります。

フォニックスを通じて音と文字を結びつけ、サイトリーディング(一目読み)の練習では視覚的に単語を捉える力をつけます。さらに、リーディングブックの音読練習でセンテンス単位の英語を読む練習をし、多方向から文字への感覚を育てます。

Writing 書く

アルファベットの大文字・小文字を網羅します。

一年間でアルファベットの大文字・小文字が自信をもって書けるよう段階的に指導します。お手本を見ながら単語やセンテンスを筆写できるようになります。

このページのトップに戻る

Level2

Listening 聞く

自然なスピードで話される英語を
聞いて理解できる力を養います。

自然なスピードで話される英語をそのままダイレクトに 英語で理解できる力を養います。そのために、英語 そのものを教えるレッスンだけでなく、「英語を使って」学習する知育 教育なども行います。
聴解問題ではイラストを見てその状況を判断し、それに合う会話文を選ぶ問題などLevel 1から大きくステップアップした内容に取り組みます。

Speaking 話す

テーマに沿って、まとりまりのある文を
人前で発表できるようになります。

Level 1では自己紹介や家族紹介などごく身近なことについてプレゼンテーションを行いますが、Level 2では「想像上の生き物」、「サンタさんへの手紙」、「世界の国々」などテーマは大きく広がり、発表量もボリュームアップします。
また、具体的な場面を想定した場面別会話も行い、より実践的なSpeaking力を養います。

Reading 読む

絵本の音読などを通じて、
既習の文を自分で読む力を養います。

一目読みやフォニックスを用いた多角的なアプローチで文字と音声を結びつけていきます。
さらに絵本の音読を通じて、まとまりのある文を目にし、それを読もうとする読書への基本姿勢を養います。その他にも、既習の文を自分の力で読み、その文に合うイラストを選ぶなど単に文字を音声化するだけでなく、内容を理解する力も同時に養います。

Writing 書く

単語やセンテンスの筆写だけでなく、
自分で考えて書く力を養成します。

フォニックスで学習した単語のつづりを穴埋め問題を行うなどして、より文字と音の関係を確固としたものにしていきます。
また単語カードを並べ替え、文をつくるアクティビティなど、英語の語順を学び、文を書くための基礎を養います。さらに、充分に口頭練習を行い内容が理解できている文については、選択肢で単語を選びながら正しい文章を完成させるライティングシートも実施します。

 

Immersion 英語を通じた学習

英語を通じて、英語以外の分野の学習にも取り組んでいます。

【知育教育の実施】
例:☆影絵、線図による推論遊び ☆記憶(聴覚記憶、視覚記憶) ☆構成(図形の構成、重なり図形)
☆時計の読み方 ☆位置表象  ☆推論(線対称などの展開図) ☆識別 ☆コード遊び

【世界の国々を学ぶ】
約40ヵ国の世界の国々について、その国名、国旗、そして地図上の位置を学びます。
さらに、その国を象徴するような事柄(有名な建造物、代表的な食べ物や動物など)を学び、
世界へと目を向けます。

このページのトップに戻る